貯金をはじめる前にやるべき3つのこと

家計管理

こんにちは。ななころです。

将来の貯蓄をしたいけれど、その方法が分からず悩んだことはありませんか?

今回は、貯金初心者さんが

まず最初にやるべきことを3つをご紹介します。

貯金初心者がするべきはじめの3ステップ

貯金初心者がやるべき3つのことは以下の3つです。

ステップ① 目標を立てよう

ステップ② 1ヶ月の支出を知ろう

ステップ③ 貯金用の口座を作ろう

ステップ1.「目標を立てよう」

まずは、貯金をしたい理由を考えて目標をたてます。

「海外旅行行きたい」や「老後、お家を建てたい」

などの大きな目標でもいいですし、

「新作のコスメが欲しい」や「憧れのブランドバックが欲しい」

など、すぐに叶いそうな目標でも構いません。

漠然とお金があればいいなあ、より

目標に向かって頑張る方が

モチベーションがあがります。

また、いつまでに達成したいのか期間を決めましょう。

ステップ2  「1ヶ月の収入と支出をの金額を知ろう」

次に、毎月の収入と支出の金額を知りましょう。

ノートに書いてもいいし、家計簿アプリをつけてもかまいません。

自分にあった方法で、まずは一ヶ月記録をつけてみてください。

一ヶ月つけてみたら、そもそもの家計が赤字なのか黒字なのか見えてきます。

赤字では貯金はもちろんできませんし、たとえ黒字でも目標によっては支出を見直す必要があります。

見直し方については別の記事で紹介しますので、ご覧ください。

ステップ3「 貯金用口座をつくろう」

貯金をスムーズに行うために、「貯金専用の口座」を作りましょう。

おすすめは、金利の高いイオン銀行や楽天銀行です。

貯金専用の口座をつくることで、「今いくら貯まったのか」を明確に、瞬時に把握することができます。

まずは貯金と生活に使う口座を分けてみてください。

第一歩を踏み出そう

貯金の仕方は人それぞれですが、しっかり貯金ができている人はこの3ステップを必ず踏んでいます。

将来の目標に向けて一緒に頑張りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました